2017/10/26(木)
2017年ドラフト会議全指名選手
千葉ロッテマリーンズは本日10月26日(木)のドラフト会議にて、以下の選手との交渉権を獲得いたしました。

1位指名選手
指名時 くじ当選
[氏名] 安田 尚憲(ヤスダ ヒサノリ)
[生年月日] 1999.4.15
[位置] 内野手
[所属] 履正社高
[身長/体重] 188cm/95kg
[投打] 右投左打
[担当スカウト] 下敷領 悠太
[ひとことコメント]
高校通算65本塁打を放つなど、その長打力が最大の魅力。そのスイング力が生み出す打球速度は圧巻の一言。性格的にも非常にまじめで黙々と練習をこなす努力家である。千葉ロッテ待望の和製大砲候補で将来は4番を任せたい逸材。

2位指名選手
指名時
[氏名] 藤岡 裕大(フジオカ ユウダイ)
[生年月日] 1993.8.8
[位置] 内野手
[所属] トヨタ自動車
[身長/体重] 178cm/77kg
[投打] 右投左打
[担当スカウト] 小林 敦
[ひとことコメント]
高いレベルで走攻守三拍子そろった内野手。ここ数年でもトップクラスの逸材。50メートル5秒9、遠投120メートルの強肩。外野も守れるユーティリティープレーヤー。大学、社会人でジャパンを経験するなど場数を踏んでおり、すべてにおいて即戦力。

3位指名選手
指名時
[氏名] 山本 大貴(ヤマモト ダイキ)
[生年月日] 1995.11.10
[位置] 投手
[所属] 三菱自動車岡崎
[身長/体重] 182cm/80kg
[投打] 左投左打
[担当スカウト] 小林 敦
[ひとことコメント]
MAX147キロ。独特の左手の使い方が特徴から繰り出すキレのあるボールを投じる。カーブ、スライダー、ツーシームも操り、スタミナもあり先発型の投手。即戦力だがまだ伸びしろがあり、将来有望なサウスポー。

4位指名選手
指名時
[氏名] 菅野 剛士(スガノ ツヨシ)
[生年月日] 1993.5.6
[位置] 外野手
[所属] 日立製作所
[身長/体重] 171cm/83kg
[投打] 右投左打
[担当スカウト] 諸積 兼司
[ひとことコメント]
社会人No.1強打者。スイング力、ミート力の高い打者で、広角に強い打球を打てるのが持ち味。楽天・茂木、オリックス・吉田にも引けをとらない打力で、ルーキーイヤーからの大ブレークは間違いない。

5位指名選手
指名時
[氏名] 渡邉 啓太(ワタナベ ケイタ)
[生年月日] 1993.9.13
[位置] 投手
[所属] NTT東日本
[身長/体重] 177cm/72kg
[投打] 右投右打
[担当スカウト] 諸積 兼司
[ひとことコメント]
細身ではあるが、腕の振りがシャープでストレートとツーシームのキレは抜群。ベース板の上で勝負できる数少ない投手で都市対抗優勝に大きく貢献。1年目から先発ローテに食い込む力がある。

6位指名選手
指名時
[氏名] 永野 将司(ナガノ ショウジ)
[生年月日] 1993.3.2
[位置] 投手
[所属] 本田技研工業株式会社
[身長/体重] 181cm/82kg
[投打] 左投左打
[担当スカウト] 高橋 薫
[ひとことコメント]
力感はないフォームながら150キロを弾き出すリリーフ候補。1年目からの即戦力として期待している。千葉ロッテOBでストッパーとして一時代を築いた河本育之氏を彷彿とさせる快速サウスポー。


>>2017年度ドラフト会議特集




戻る

iconニューストップ
iconトップページ