date2017-03-15
第1話 あたりまえではない日々

 これから仲間になるかもしれない選手たちと向き合うと、微かに漂う緊張感が色濃くなっていくようだった。大きな円陣の中心で無数の視線を集めながら、入団テスト生の三家和真は挨拶をした。身にまとっているのは、石川ミリオンスターズのユニフォーム。白と黒で構成されたマリーンズのユニフォームが集う場所に、青色は目立った。

写真1

 2年間在籍した広島東洋カープを退団後、独立リーグ(信濃グランセローズと石川ミリオンスターズ)で3年間を過ごし、2016年の秋季キャンプで千葉ロッテマリーンズのテストに挑戦した。

 運命を決める2試合の紅白戦。必死なのはテスト生だけではなかった。マリーンズの若手選手も、自身をアピールするために目の色を変えている。グラウンドにいる全員が生き残りを懸けているのは明白だった。

 逆境を跳ね除け、三家は初戦でいきなり複数安打を記録した。その全打席をグラウンドの金網の外から食い入るように見つめていたのは、石川ミリオンスターズの渡辺正人監督(元マリーンズ内野手)だった。僅かな合間にも声をかけて鼓舞する。三家がグラウンドにいる他の選手と同じ色のユニフォームを着られるよう、背中を押し続けた。

 三家は入団に至るまでの日々をこう振り返る。

「(マリーンズには)自分だけの力で入ったとは思っていません。独立リーグを経験してよかったですし、あの3年間がなかったら(NPBに)絶対に戻って来られなかった。お世話になった方々には結果で恩返しをしたいです」

 晴れて合格となった三家のもとには、これまでの野球人生で関わった人々からの祝福が相次いだ。気が付けば、チームを変えるたびに仲間が増え、多くの人の支えは追い風となって勢力を増していた。入団テストを現地で見守った渡辺監督には、「一年一年が勝負。ガツガツやっていけ!」という言葉で送り出してもらった。

 皆の期待を裏切ることはできない。その思いで、千葉にやって来た。

写真2
写真3

 初めての春季キャンプを終えた、3月上旬のことだ。二軍の本拠地、ロッテ浦和球場で初実戦が開催されていた。

 三家は入団後すぐにチームに溶け込んだ。隣にいるのは同じユニフォームを着る正真正銘のチームメイトたち。昨秋のように硬い表情で向き合う必要は、もうなかった。

 それでも、胸の内には揺るぎない思いがある。

 試合後、三家は室内練習場へ向かう荷物をベンチでまとめながら、ふとグラウンドに視線を向けて話した。

 「僕たちは今こうして練習していますけど……」

 そこには居残り練習に励む選手の姿があった。宗接唯人や柿沼友哉、寺嶋寛大らが声を張り上げて白球に食らい付いている。

 若い選手が遅くまで居残り練習をすること。

 納得するまで練習が続いていくこと。

 二軍球場の日常茶飯事ともいえる光景が、三家の目には違う意味をもって映る。

 ここ数年間は、練習をする場所も時間も限られていた。足りなければ、有料施設を自主的に借りて練習することもあった。何度も葛藤しながら地道に夢を追い続けてきた。

 今の自分は、与えられた場所で思う存分野球ができる。実力次第で一軍で活躍する権利がある。夢見た場所に戻って来たのだと実感する。そのたびに湧き上がるのは、喜びではなく、襟を正す気持ちだ。

 練習が続くグラウンドを見つめ、三家は言葉を続けた。

「この環境を、あたりまえだと思わないようにやっていきます」

写真4

 プロ野球選手である自分の周りに、あたりまえのことなんて無い。それを身に沁みて知っているからこそ、些細な出来事にも感謝が生まれ、力に変えていける。目の前の一球を大切にできる。この感情を忘れるつもりはない。



 「最初からアピールしなければいけない立場なので、もっともっとガツガツと結果にこだわって、絶対に一軍に行きたいです」



 まもなく2017年のプロ野球公式戦が開幕する。

 一軍の舞台には、ZOZOマリンスタジアムの大歓声が待っている。広い球場の打席に立つと、背中を押す心強い声が聞こえてくる。期待を込めた拍手が巻き起こる。新たな追い風を肌で感じながら、背番号61番の選手は全力のプレーで応える。

 その瞬間がやってきたとき、球場はきっと大きな興奮に包まれる。決してあたりまえではない、特別な感動を与えてくれるはずだ。

長谷川美帆(千葉ロッテマリーンズ オフィシャルライター)=文 text by Miho Hasegawa

戻る

バックナンバー

icon日記・コラムトップ
iconトップページ